企業が融資を受ける場所としてもイメージが強い銀行ですが、個人で融資を受けることも可能です。

専業主婦の方もお金を借りることができるので、専業主婦のため働いていないからお金を借りられないという人にもおすすめの金融機関です。

銀行での融資を受ける際には、事前に用意しておく書類がないか、自分の状況に合っているローンはないかを把握しておくと、スムーズにお金を借りることができます。

銀行での融資の方法や、そのメリットなどを紹介していきます。

 

ローンにも種類がある

ローンの種類としては、住宅ローン、教育ローン、マイカーローン、フリーローン、最後にカードローンがあります。

名前だけなら聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんね。

それぞれのローンはどういった状況の時にあてはまるものなのか、具体的に紹介していきます。

自分のライフスタイルに合わせてローンを選んでいきましょう。

 

住宅ローン

こちらのローンは、主にマイホームを建てる際や、リフォームといった改築作業のための費用を借りることができます。

家を建てる事になると、お金も相当かかってくるため、長い返済期間になります。

そのため、ローンを組む方の収入や勤務先以外にも、勤続年数なども審査の条件として含まれてきます。

住宅ローンの特徴として、民間の金融機関が融資額と金利を自由に決められるようになっています。

なので、銀行によって金利や融資してくれる金額などに差が出てきます。

一つの銀行をみて、「ここからお金を借りよう!」と即時に判断するのはやめておきましょう。

銀行によって用意されているサービスなども変わってくるので、それらを確認してからどの銀行で住宅ローンを組むか決めるようにしましょう。

 

教育ローン

教育ローンは、自分の子どものために受ける融資です。

主に入学のための資金や授業料のために必要となるお金を補うことができます。

義務教育中であったり、専門学校に通っていたりと、いくつかの条件がなければ受けることができません。

教育ローンの特徴として、融資されるお金は個人の口座に振り込まれるのではなく、対象となっている学校のほうにお金を振り込むようになっています。

こうしたスタイルとなっていることで、教育ローンで借りたお金を使って、別のローンの返済にあてるといったことを防ぐようにもなっています。

また、教育のためのローンとはいっても、塾や英会話などの習い事などは、融資を受ける条件には入らないので気をつけましょう。

 

マイカーローン

車の購入を考えている人におすすめなのが、こちらのマイカーローンです。

車を購入する時には、どうしても大きなお金が必要になってきます。

移動のためにも必要な車を購入しようとしても、お金がないと車の購入も難しいです。

車の購入手続きなどは、ディーラーにすべて任せるという方もいますよね。

ですが、ディーラーにすべて任せてしまうと、金利を確認できずにローンを組むことになってしまいます。

できるだけ金利の低い銀行でマイカーローンを組むなら、自分でどこの銀行から融資を受けるのかを決めるようにしましょう。

 

フリーローン

別名、目的別ローンと呼ばれるフリーローン。

マイカーローンや住宅ローンなど、融資を受ける目的とされるものが決まっているローンとは違って、フリーローンは様々な目的で一時的に融資を受けることができます。

結婚式や引っ越し、海外旅行など、急にお金が必要になってしまった時に融資を受けることができます。

多額の費用が数日の間に発生した場合は、それらの見積書を銀行に提出してみましょう。

審査に通ればお金を借りることができるので、判断材料ともなる見積書は残しておくようにしてください。

 

カードローン

お金を借りるということでよく耳にするのは、こちらのカードローンだと思われます。

一時的に生活費が足りなくなってしまったり、急な出費のせいでお金に困ってしまった時など、こちらのローンによって融資を受けられるようになっています。

カードローンはお金に困った時に利用されることがほとんどですが、銀行のカードローンは審査が厳しいイメージを持つ方も少なくないです。

ただ、銀行は消費者金融よりも金利が低く設定されているところが多いので、大きなお金を借りて長く返済していく場合は、銀行のカードローンはおすすめです。

 

学生もお金を借りることができる

カードローンと聞くと、大人しか受けることができないのではないかと考える人もいます。

ですが、銀行のカードローンは学生でも融資を受けることができるんです。勉強とバイトの両立は、はじめてだと調整も難しくて、お金のことで困ってしまうことも。

学生でもお金を借りるためには、どういった条件が必要なのか、紹介していきますね。

 

いざという時のキャッシング

学生の方はほとんどの場合アルバイトをしています。

アルバイトをしているなら、毎月収入もあるので、それで十分やっていけるのではと考えがちですが、友達と遊んだり、趣味にお金を使うこともありますよね。

また、次の給料日まで、生活費が足りなくて困るといった状況になることも。

そうした困った場面でキャッシングができれば、いざという時も慌てることがありません。

ですが、学生がキャッシングの申し込みをする場合は、いくつかの条件に合格していないといけません。

ほとんどの金融業者では、未成年に融資をすることはできません。

大体の金融業者は、20歳以上になっていないと融資を受けることができません。

ですが、一部の銀行のカードローンでは学生を対象とした融資を設けています。

大手の銀行でも学生対象のカードローンが用意されているので、安心してお金を借りたい場合は大手の銀行を利用しましょう。

ただ、学生の場合は利用の限度額が10万円と設定されていることがほとんどです。

アルバイトが収入となっている学生は、お金の返済にも時間がかかることもあります。

また、お金を使いすぎることを防ぐ意味合いもかねて、この金額は安心できる限度額となっています。

 

学生ローンと普通のローンの違い

学生の方は、はじめてお金を借りるということで不安になるところもありますよね。

学生ローンは銀行で申し込みできるローンと違って、金利が高めに設定されていることがあります。

消費者金融に比べると低く設定されている場所もあるので、金利については事前に確認しておきましょう。

学生ローンは名前の通り学生対象としたローンとなっているので、18歳以上なら融資の申し込みを可能としている業者もあります。

どこの業者でも、「安定した収入」がなければ申し込みはできないので、学生ローンも銀行ローンもアルバイトをしていることが前提条件となっています。

ただ、学生ローンは保険証や免許証などの身分証明書と一緒に、学生証の提示が求められます。

学生証がないと、どこの学校にかよっているかの確認をとることができないので、申し込みの際には学生証を忘れないようにしましょう。

銀行ローンでは身分証明書の提示は必須となりますが、学生証の提示は求められません。

ただ、月の収入がいくらなのか証明する書類が必要になるかもしれないので、先にどんな書類が必要になるのか確認しておくと、スムーズに申し込みができます。

 

学生が融資を受ける時、在籍確認は?

就職している方なら、銀行側から会社へ在籍確認の電話をかけます。

学生の場合は、アルバイト先に在籍確認を行います。

ただ、通常の在籍確認と違って、学生相手の在籍確認は、申込者本人に在籍確認をしてもらう義務があります。

なので、自分がいない時に在籍確認の電話がかかってくるといったことはありません。

学生ローンの場合では、基本的に在籍確認をされることはありません。

借りるお金が少ないことも理由の一つですが、アルバイトはすぐに職場を変えることもできることが大きな理由です。

 

学生がお金を借りる時に気をつけること

学生が銀行で融資を受ける際、気をつけておくことはいくつかあります。

一つは、申し込みをする際には嘘をつかないこと。

当たり前のようなことですが、実際はバイトしていないのにバイトをしていると嘘をついてお金を借りる人もいます。

申し込みの際についた嘘がバレてしまえば、芋づる式のように、家族や学校に、銀行からお金を借りていることがバレることも。

お金を借りていることを周囲に隠している場合は、申し込みでの虚偽の申告はやめましょう。

主な収入源がアルバイトである学生は、就職している方に比べると借りる額は小さいです。

学生への融資が10万円という限度額に設定されている理由としては、返済がきちんとできる範囲におさえるためです。

アルバイトだけが収入だと、返済にも時間がかかることも。

限度額が設定されていない場所で融資を受けることができても、借りるお金は10万円ほどにおさえておくことをおすすめします。

何度もお金を借りていると、金銭感覚が麻痺して、自分がいくら借りているのかも分からなくなってしまいます。

なので、今必要な生活費だけを借りるようにしましょう。

返済ができなくなり、滞納が続いてしまうと、ブラックリストに載ってしまうので気をつけましょう。

ブラックリストに一度でも載ってしまうと、5年~10年の間は、銀行や消費者金融などからお金を借りることができなくなります。

お金の滞納をするだけではなく、携帯代金を未納したままでもブラックリストに載ってしまうことがあります。

スマホは分割払いで購入するようになっていますが、これはお金を借りることと同じ扱いとされています。

一人暮らしを初めて携帯代を自分で払うようになったという人は、携帯代の期日を忘れないようにしましょう。

 

専業主婦も銀行ならお金を借りられる?

銀行には、専業主婦でも審査条件にクリアできるよう、「配偶者貸付」という制度が設けられています。

この制度は、専業主婦本人に収入がなくても、配偶者のほうに安定している収入があると認められれば、その収入をもとにして審査を行えるというものです。

ただ、この制度はどこにでもあるわけではなく、ほとんどの消費者金融では設けられていない制度となっています。

そのため、専業主婦の方でお金を借りたいという人がいる場合は、銀行のカードローンを利用しましょう。

 

自分の収入では審査していないから厳しくなる?

配偶者の収入を審査基準としているので、通常の銀行カードローンの審査よりも厳しく判断されるのではと不安になりますよね。

ですが、配偶者貸付は申し込みをする専業主婦の方ではなく、その配偶者に対して審査が行われます。

収入が安定していることはもちろん、これまでに融資を受けてトラブルが起きていないかの確認がされるので、専業主婦だから審査が厳しくなるということはありません。

また、パートをしている方なら、パートの収入で審査が行われます。

専業主婦の方が銀行でお金を借りる場合は、住民票や戸籍抄本が必要になってきます。

配偶者との関係を証明するものが必要になるので、事前に市役所で発行してから銀行へいくと、申し込みに時間をとられることがありません。

他にも、配偶者の収入証明が必要になることもあります。これは銀行によって必要ないところもあるため、先に確認しておきましょう。

 

専業主婦が借りられるお金に限度はある?

配偶者の安定した収入があっても、実際の申込者は専業主婦の方です。

なので、それほどたくさんお金を借りることはできないのではいかと不安になることもありますよね。

銀行によって限度額は変わってきますが、専業主婦の方が借りられるのは30万円~50万円となっています。

急な出費などで生活費が足りない状況になっても、30万~50万借りることができれば、生活費を補うことができます。

住民票や戸籍抄本が必要になってくるので即日融資を受けたい場合は、必要なものをそろえてから融資を受けにいきましょう。

返済する方法としては、配偶者の収入から返済のための金額をさしひいていくようになります。

パートをしている方なら、パートの収入から返済をしていきましょう。

専業主婦の方がお金をかりるとなると、自分のお金から返済するわけではないので、その返済額の負担を少しでも減らしたいですね。

たとえ低金利の銀行でも、少しずつ返済していけば、毎月利子がかかって、支払い期間がおもった以上に長くなってしまうことも。

利息を減らすためにも、返済期間をできるだけ短くする必要があります。

まずはお金を借りる際に配偶者の方の収入がどれくらいかを考えてから、返済期間がどれほどになるかを計算しましょう。

家計のやりくりで大変になる専業主婦だからこそ、お金が足りない状況になるといち早く気づけます。

急にお金が必要になった場合は、銀行のカードローンを利用しましょう。

 

銀行と消費者金融の違いは?

銀行で利用するカードローンは、消費者金融のものと比べるとどう違うのか気になりますよね。

お金を借りる場所として選ばれやすい銀行と消費者金融、それぞれにある違いは、事前に把握しておくことをおすすめします。

 

金利の差について

銀行のほうが金利が低いというのはよく知られているかもしれませんが、実際には消費者金融とどれくらいの差があるのでしょうか?

例えとして紹介すると、銀行の金利の平均は3.5%14.5%、消費者金融の金利の平均は4.5%18.0%となっています。

ここだけ見ると、銀行の金利のほうが低く設定されていることが分かりますね。

ですが、すべての銀行が消費者金融よりも金利が低いというわけではありません。

また、低金利だからと、必ずしも銀行でお金を借りたほうがいいというわけでもありません。

銀行に低金利という利点があるように、消費者金融にも無利息期間という利点があります。

無利息期間は、お金を借りる時に発生する金利が設けられていない期間のことをいいます。

無利息期間を利用すれば、金利を発生させずにお金を借りて返済することができます。

消費者金融で設けられている無利息期間は、ほとんどの場所では1ヶ月間になっています。

無利息期間を利用することで、金利を発生させずに借り入れと返済を同じ月に完了することができます

無利息期間を利用できる消費者金融は、短期間で返済が可能だと思う時におすすめです。

低金利の銀行は、長期間返済が決まっている時に利用すると、返済の金利もそれほどかからずに完済しやすくなります。

 

審査の基準にも違いが

銀行のカードローンを受けるためにはいくつかの審査を受ける必要があります。

借り入れはその条件がいいほど、審査が厳しくなっていきます。

そのため、銀行は消費者金融に比べると審査が厳しく背ってされています。

消費者金融は審査時間が短くても30分ほどで完了しますが、銀行での審査は1日かかってしまうことも。

込み合う時間帯を避けて申し込みをすれば、消費者金融のほうが圧倒的に審査時間を短くして、すぐに借り入れができるようになっています。

 

そもそも審査をする理由は?

審査なんてせずに、お金をすぐ借りたいと考える人も少なくないはず。

即日融資を望んでいる方は特に、お金がすぐ必要となっているので、審査する間ももどかしく思ってしまいますよね。

申し込みをする際に審査が必要な理由としてはいくつかあります。

 

返済が可能かどうかを確認する

お金を貸す側である銀行としては、お金を貸した後に必ず返済ができるかどうかが重要になってきます。

それを確認するためには、融資を受ける人が安定した収入をもらっているかどうか把握する必要があります。

これが在籍確認となっており、会社やパート、アルバイトをしている方の職場に、本当に在籍しているかどうか確認の電話をするようになっています。

在籍確認は返済が必ずできるという証明にもなります。

また、勤務している年数が長いほど、信用できる相手としてみられるので、勤務年数も正直に伝えるようにしましょう。

申し込みをする際に記入事項部分で嘘をついたりすると、在籍確認などをした時に嘘がバレて、申し込みができなくなることも。

なので、融資を申し込む時には正直に記入と伝達をするようにしましょう。

 

ブラックリストに載っているかどうか

これまでにもお金を借りたことがあり、返済を滞ってしまった場合は、ブラックリストに載ることがあります。

このブラックリストというのは、個人信用情報機関に登録されている金融事故情報です。

この情報機関の中には、個人がこれまでに怠った滞納や自己破産、債務整理などの履歴が残っています。

もちろん、滞納などの禁輸事故を起こしていない場合は、このブラックリストに載ることはありません。

ブラックリストに名前が載っていれば、お金を借りることは困難になります。

ブラックリストに名前が載っている場合は、銀行もお金を融資してくれることはないので、これまでに滞納の経験がある人は、自分がブラックリストに載っているかどうかを確認しましょう。

滞納している場合は、完済してから5年~10年、自己破産の場合も5年~10年の間、ブラックリストに載ります。

この間は、銀行や消費者金融でお金を借りることができなくなるので気をつけましょう。

もしもこの期間をすぎていない時にお金を借りるために、返済していない会社以外で、また新しくお金を借りようとしても融資を受けることはできません。

どうしても返済ができない時には、債務整理を行うようにしましょう。

 

年齢が20歳をすぎているかどうか

銀行のカードローンでは、ほとんどの場合、20歳から融資が受けられるようになっています。

19歳未満でお金を借りたいという時には、学生ローンを利用するのをおすすめします。

一人暮らしを始めた学生は、はじめての生活でお金のやりくりなどが難しく感じることもありますよね。

そうなると、お金が足りなくなる場面もちらほらと出てくることも。そうした時にお金を借りられないと、困ってしまうこともあります。

近場にある銀行では20歳未満でもお金の借り入れができるかなど、事前に把握しておくと、緊急の場面でも助かりますね。

 

申し込む時間帯はいつでもいい?

銀行の窓口やATMから申し込みをする時は、時間帯に気をつけて申し込みをするようにしましょう。

申し込みの次には審査が行われるため、審査時間が長くかかると考えてから申し込みをすることをおすすめします。

銀行が混雑する時間としては、11時前後と13時頃です。

この時間帯は特に混みあうため、すぐに審査結果がこない事も。

なるべくはやく融資を受けたい場合は、混む時間を避けて申し込むようにしましょう。

忙しくて銀行やATMにいく事ができない場合は、インターネットからの申し込みをしてください。

スマホなどがあれば、どこからでも申し込むことが可能になるので、銀行まで足を運ぶ手間をはぶくことができます。

また、即日融資を受けたい場合には、申し込む時間帯は重要となってきます。

その日のうちに融資を受けたい場合は、申し込み手続きを14時までに完了させておきましょう。

銀行では、送金は15時までに行われます。

なので、14時までに手続きが終わっていれば、即日融資が可能となるんです。

 

家族や会社に内緒にするには?

お金を借りるという事に良いイメージをもっていない人は少なくないはずです。

生活費を補うためなど、困った時にはお金がどうしても必要になります。

ですが、やっぱり周囲にはお金を借りていることを知られたくないと考えることも。

周囲にバレないようにお金を借りるには、いくつか気を配ることがあるので紹介していきますね。

 

インターネットから申し込む

窓口などで申し込みをすると、会社の同僚や家族に見つかってしまう可能性もありますよね。

近年ではスマホからできるインターネット申し込みが普及しているので、人にバレずに申し込みを済ませたい方は、こちらのインターネット申し込みをしましょう。

スマホから申し込みすることによって、どれだけの金額を借り入れたいかを入力すると、融資を受けられるかどうかの審査が行われ、結果が電話やメールで知らされます。

店舗に出向く必要もなく、自分の好きな時間に申し込みができるので、普段忙しくて銀行にいくことができない方におすすめの方法です。

審査に必要な本人確認書類も、カメラ機能を利用して送信するだけなので、簡単に申し込みの手続きができます。

ただ、簡単にできるからこと見落としやすい誤字脱字によって、審査に通過できないこともあります。

申し込みのために送信する文章については、気をつけて入力するようにしてください。

 

郵送される物に気をつける

一人暮らしの方なら心配いらない郵送物ですが、家族と一緒に暮らしている人は、銀行からの郵送物で借り入れがバレてしまう可能性があります。

申し込みはインターネットで済ませても、ローンカードを自宅受け取りにしていると、カードが届いた時はごまかしがつきません。

他にも、返済を怠ってしまった時などは、家や職場に連絡が入ったりしてしまうので、滞納はしないようにしましょう。

督促状などが届き始めると、メールではなく手紙が送られてくるので、家族に見つかりやすくなってしまいます。

もしも返済が遅れてしまう場合は、その旨を事前に銀行側へ伝えておきましょう。

支払いが遅れると必ず連絡がくるので、月に返済する金額がどうしても足らない時には、事前の連絡をいれると、銀行からの連絡もこないので安心できます。

こうした郵送物が心配で、お金を借りるのができないといった場合は、郵送物が届かないカードローンを選んでみましょう。

そちらを利用すれば、郵送物によって周囲の人にお金を借りていることがバレることはありません。

 

主婦が内緒で借り入れする時は?

専業主婦の場合は、生活費が足りない時には配偶者に相談する必要がありますよね。

ですが、お金が足りないという相談はなかなか話しにくいものでもあります。

急な出費によって一時的にお金が足りない状況になると、銀行でお金を借りれば危機を回避することもできます。

自分でパートやアルバイトを始めることによって、自分名義で銀行にカードローンの申し込みができるようになります。

逆に、夫が妻に内緒で借り入れする際のほうが、慎重に行動する必要があります。

妻が郵便物を受け取ってから、夫へ手渡しする家庭は少なくありません。

なので、郵送物が届くように設定されている方は、特に気をつけましょう。

 

お金を借りる時に言い訳しないほうがいい?

生活するうえで、お金は常に必要です。お金が足りなくなってしまうことも少なからずありますよね。

銀行でお金を借りる時、何か言い訳を考えておいたほうがいいかと、悩む人も少なくありません。

お金を借りる言い訳として多いものでは、財布を落として手元にあるお金がすべてなくなってしまったというものです。

その日の食事代なら職場の同僚や家族、友人などからお金を借りれば解決するかもしれません。

ですが、それ以降の金銭面だと

 

融資を受ける前に知っておくこと

銀行での融資を受ける前に、申し込みに必要なものをあらかじめ用意しておくと、申し込みもスムーズに進みます。

特に、窓口へ直接向かう場合は、必要な書類を事前に用意しておくと後で手間がかかることもありません。

銀行のカードローンでは、申し込みする方の収入を銀行側に知らせる必要があります。

そのためには、源泉徴収票や所得証明書が必要になります。

本人確認の書類も必要になり。

場合によっては印鑑証明書も必要になるので、なにが要りようになるのかを先に確認してから申し込みにいきましょう。

 

融資を受ける口座を持っていない

銀行からお金を借りるなら、融資を受けるための口座をもっていなければいけません。

口座がなければ、お金を振り込んでもらうのも、返済することもできません

なので、お金を借りたい時には、申し込む銀行からの融資を受ける口座も開設しましょう。

解説ができていないと、手続きに余計時間がかかってしまいます。

口座が開設しており、その口座で受けられるかを確認してから、銀行へ申し込みにいきましょう。

銀行によっては口座の開設が必須にもなってくるので、事前確認を忘れないようにしましょう。

 

まとめ

消費者金融に比べると低金利で融資を受けられる銀行。

返済期間が長くなってしまう場合は、低金利の銀行を利用するのがおすすめです。

銀行には融資を受ける理由によって、5つのローンが選べるので、用途に応じて融資を受けられます。

学生でもお金を借りることができるので、お金をどういった用途で使うのか、明確にしてからいくと、ローン選びで迷いません。